본문 바로가기

SHINHAN FANANCIAL GROUP





グローバル・イニシアチブ

気候関連イニシアチブへの参画

新韓金融グループは、2007年3月のCDP加盟を皮切りに、 気候関連の管理、開示、目標設定、排出量測定など、 気候変動関連のあらゆる分野に対応するために、PCAF、SBTi、TCFD、エクエーター原則等 のイニシアチブに積極的に参画しています。

気候関連イニシアチブへの参画
手法 資産ポートフォリオの
炭素排出量測定
目標設定 開示方法 リスク管理 気候対応活動の評価
イニシアチブ

金融機関の炭素会計
パートナーシップ
(PCAF)

科学的根拠に基づく
目標設定
(SBTi)

気候関連財務情報
開示 タスクフォース
(TCFD)

エクエーター原則
(Equator Principles)

旧: カーボン・ディスクロージャ
ー・プロジェクト
(CDP)

概要 金融機関の炭素会計パートナーシップが開発した金融資産の排出量を測定する手法 2℃シナリオに基づく金融資産の削減目標設定手法 気候変動が企業に与える影響に関する開示フレームワーク 環境・社会関連リスクを特定、評価、管理するための枠組み 気候変動を含む企業の環境推進について評価
現状 2020年11月署名 自社および系列会社の金融資産の炭素排出量測定 2020年11月署名 金融資産の炭素削減目標設定 2018年提言支持署名 2019年社会責任報告書を通じて公開 2019年プロセス構築 2020年採択および検討対象取引にエクエーター原則適用 2010年から評価 韓国金融機関初の7年連続リーダシップA